[TAX & LAW] 변호사(KO, USA, IL) 이재욱
LAW OFFICE [ TAX & LAW ] 세금과 법률
I P

Hello everybody! Translate this page:

You can translate the content of this page by selecting a language in the select box. This Website provides diverse language translation by Google Translation button. You can find translation menu at the upper left corner of this website. You can select your own language for the translation of the pages you want to read in your own language.
∗ [LANGUAGE Translation] You can use Google Translate application to see in your own language the pages in this website. For your convenience, click the "Google Translate(Select Language)"

[한국변호사, 미국변호사, 일리노이 변호사, 세무사 이재욱] → [의뢰인이 비용을 지불하고 적법한 해결을 원하는 것이라면 개인과 기업을 위한 모든 법률문제를 서비스하고 뭐든지 대리해드립니다. ]
∗ 1997년부터 20년이상의 노하우를 가지고 웬만한 개인과 기업이 평생에 걸쳐 경험할 수 있는 거의 대부분의 민사,형사,행정,조세,국제거래,국제계약,이민,탄원,진정,고소,고발,제안,협상,중재,조정,업무대행,대리 사건의 자문과 소송과 계획안 제출대리 업무을 경험하고 처리해 왔으며, 이를 바탕으로 국내거래나 국제거래를 비롯하여 개인과 기업이 당면한 어떤 문제도 모두 해결해 드립니다.
관련된 업무분야는 아래 매뉴항목을 참조하십시요. 아래 업무 메뉴는 예시이며, 메뉴에 없는 서비스도 모두 제공합니다. 주저하지 마시고 사무실을 내방하여 이재욱변호사의 축적된 경험과 학식과 지식을 이용하여 상담부터 받으세요. 본 사무실에서 해결해드리지 못할 경우 다른 해결방안을 제시해드립니다.

∗ [LANGUAGE Translation] You can use Google Translate application to see in your own language the pages in this website. For your convenience, click the "Google Translate(Select Language)"


ATTORNEY [ licensed to practice in KOREA, U.S.A., ILLINOIS ] LEE, JAE WOOK
∗ [FOR FOREIGNERS - ENGLISH LANGUAGE LEGAL SERVICES in Counseling, Application and LITIGATION & TRIAL IN COURTS and TRIBUNALS in KOREA]
INTERNATIONAL DIVORCE, CIVIL, REAL ESTATE, PERSONAL INJURY, DAMAGES, TRAFFIC ACCIDENT, FRAUD, PENAL LAW, CRIMINAL TRIAL, FELONY, GUILTY PLEA, LEASE, RENTAL LAW, IMMIGRATION, INVESTMENT, TAX, INCORPORATION, TRADE, CONTRACT, DISPUTE IN CORPORATION, GOVERNMENT TREATMENT, REFUGEE, REMOVAL, VISA, PERMANENT RESIDENCE, CITIZENSHIP]
For more information for the services Attorney LEE provide for the foreigners who want for legal services in Korea, Please do not hesitate to click the below MENU link for "SERVICES FOR FOREIGNERS".
∗ [LANGUAGE Translation] You can use Google Translate application to see in your own language the pages in this website. For your convenience, click the "Google Translate(Select Language)"


상담료
선임료
소개
위치
| 민사
상속
이혼
부동산
| 세무
조세
행정
주식분쟁
| 병역법
기소중지
병역면제
국외여행
| 특허
지적재산
상표권
침해소송
| 형사재판
고소
고발
| 미국이민
VISA
영주권
SERVICE
| SERVICES
FOR
FOREIGNERS
| |
↓ 국적법,국적소송
→   병역면제, 병역법 소송
→   출국금지
→   국외여행허가,병역연기
→   여권발급청구소송
→   국적법,국적소송
↓ 국적법,국적소송


세금과 법률(Tax & Law)
  목록보기
↓   특별영주자의 개념정의


  





  検索入力画面 > 検索結果画面  



    

    
キーワード検索      

    



                                                                      
--------------------------------------------------------------------------------

検索結果一覧
入力した検索条件を見る

1-10件表示します (46件ヒット)






--------------------------------------------------------------------------------
1 法務省 
http://www.moj.go.jp/PRESS/050617-1/050617-1-1.pdf
2005/06/27  196578 byte
「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(平成3年11月1日施行)により,「平和条約関連国籍離脱者及びその子孫」は「特別永住者」と定められ,従前の「協定永住許可者」,「法126-2-6該当者」,「平和条約関連国籍離脱者の子」の全部及び入管法上の「永住者」の一部  



2 法務省 
http://www.moj.go.jp/HOUAN/KEIHO7/refer04.pdf
2005/04/06  74632 byte
は日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成三年法律第七十一号)に定める特別永住者(以下「特三年法律第七十一号。以下「平和条約国籍離脱者等入別永住者」という。)の配偶者又は子である場合にお管特例法」という。)に定  



3 外務省 市民的及び政治的権利に関する国際規約第40条1(b)に基づく第4回報告(仮訳)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/2c1_003.html
2005/03/14  25668 byte
者(日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法に規定する「特別永住者」。いわゆる「在日韓国・朝鮮人」 はこれに当たる。)については、鮮明な写真、署名及び一定の家族事項の登録という複合的手段をもって指紋押なつに代え得るとの結論に達したため、これらの外国人については指紋押な  



4 外務省 I.総論
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/99/1.html
2005/03/14  45329 byte
「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(以下「出入国管理特例法」という。)」が1991年5月10日公布、同年11月1日から施行された。同法は、終戦前から我が国に引き続き在留し、日本国との平和条約の発効により日本国籍を離脱した者及びその子孫について、その法的地位の一層の安  



5 警察庁 
http://www.npa.go.jp/safetylife/seikan14/jyobun.pdf
2005/02/25  43203 byte
ロ日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成三年法一八頁律第七十一号)に定める特別永住者として永住することができる資格 2接待飲食等営業を営む風俗営業者、店舗型性風俗特殊営業を営む者、無店舗型性風俗特殊営業を営む者及び第三十三条第六項に規定する酒類提供飲食店営業  



6 警察庁 
http://www.npa.go.jp/safetylife/seikan14/sinkyu.pdf
2005/02/25  74567 byte
ロ日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成三年法律第七十一号)に定める特別永住者として永住することができる資格 2接待飲食等営業を営む風俗営業者、店舗型性風俗特殊営業を営む者、無店舗型性風俗特殊営業を営む者及び第三十三条第六項に規定する酒類提供飲食店営業を営む  



7 法務省 
http://www.moj.go.jp/TOUKEI/DB/nyukan06.xls
2004/12/16  202240 byte
,日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成3年法律第71号)第3条該当者及び第4,5条の許可を受けている者をいう。  6 「一時庇護」とは,出入国管理及び難民認定法第18条の2の許可を受けている者をいう。  



8 総務省 
http://www.stat.go.jp/data/chouki/zuhyou/02-11.xls
2004/12/10  76288 byte
,日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成3年法律第71号)第3条該当者及び第4,5条の許可を受けている者をいう。 1) 台湾を含む。 2) 旧ソビエトを含む。 (1) Aliens registered in accordance with the Aliens Registration Law, as of the end of December each year. (2)  



9 総務省 
http://www.stat.go.jp/data/chouki/zuhyou/02-36-b.xls
2004/12/10  36864 byte
) 日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法 (平成3年法律第71号11月1日施行) 第3条該当者及び第4,5条の許可を受けている者。 1) Persons who have been recognized according to the Special Law on the Immigration Control of, inter alia, those who have lost Japanese nationa  



10 法務省 第四章 在留及び出国
http://www.moj.go.jp/NYUKAN/NYUKANHO/ho05.html
2004/12/06  44118 byte
は日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成三年法律第七十一号。以下「平和条約国籍離脱者等入管特例法」という。)に定める特別永住者(以下「特別永住者」という。)の配偶者又は子である場合においては、次の各号に適合することを要しない。 一 素行が善良であること。   





--------------------------------------------------------------------------------
検索条件    

--------------------------------------------------------------------------------

    




検索条件

キーワード: 日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理
更新日付: (指定なし)
行政機関の区分: 本省庁のみ
検索範囲: タイトル・本文すべて
省庁名の指定: (指定なし)
行政機関名の指定: (指定なし)
都道府県名の指定: (指定なし)

先頭に戻る

      
  
                                                                        


電子政府の総合窓口について  検索できる情報について  更新履歴

当システムへのご意見・ご感想  個人情報の取扱いについて  リンクについて





* 관리자님에 의해서 게시물 이동되었습니다 (2005-08-21 10:18)
* jae wook LEE님에 의해서 게시물 이동되었습니다 (2017-05-07 16:55)



↑   특별영주자의 개념정의
HOME      목록보기 <제목정렬> <날짜정렬>
    ← Previous     Next →

[OFFICE MAP] ↓